脱毛サロン!その前に自分の毛について知ろう!

今女性に話題の全身脱毛。

 

面倒なムダ毛ケアを毎日やらなくてもOKになると今、注目されてる方法。

 

ですが、そのお店に行く前にみなさまは自分自身にある毛の仕組みや成り立ちがどうなっているかわかってる?

 

脱毛サロン以前にまず毛の仕組みを説明できるのは大きな事です。

 

体毛について理解しているかどうかでお店選びの時も不明瞭な点を聞くことができます。

 

でも、自分の体毛について説明できるうえでサロンを選んでいる人はそれほどいないと思います。

 

このような理由から、ここからは私たちに生えている毛ってどんな仕組みでどんな構造なのかまとめました。

 

 

毛根部

まず最初に体毛の仕組みを紹介するね。

 

みんなを悩ませてるムダ毛お肌の部分からところを毛幹お肌の下の部分を「毛根」と呼んでいます。

 

最奥毛根のねっこ、毛根部の一番下の丸くふくらみのある部分を「毛球」って呼びます。

 

先には「毛乳頭」というところがあります。

 

ここには毛乳頭の毛細血管と呼称される栄養分を吸って体毛を伸ばしてる役割があるのです。

 

だから、体の毛が長くなるために毛の中でも根っこ、細かい部分まで言うと最深部の毛球の先にある毛乳頭がつかさどっているのですね。

 

以上のような理由で剃刀をつかって毛幹の部分を綺麗にそり落としてもこの毛乳頭がある限り毛は生え続けるのです。

 

さらには毛乳頭は「毛母細胞」というものが生成する役割を担っています。

 

そのため、毛抜きを使った抜毛して毛乳頭を消失させたとしても毛母細胞があると新たな毛乳頭ができるのでさらに毛が生えてくるのですね。

 

 

毛のメカニズムと周期

体毛は伸びる、抜ける、少しだけ休んで生えるを周期的に回っています。

 

毛の成長期には先の血管を伝って毛乳頭のところまで長くなるために必要な要素がやってきて毛母細胞にまで届けられます。

 

その後毛母細胞部分の細胞分裂が活発におこって毛球が成長します。

 

同様の流れで次に細胞がこのように作られてついには毛になって皮膚の外の見える所までどんどん伸びます。

 

さらには体毛の成長する速さは部分によって違います。

 

頭に生える髪の毛は速く長くなり24時間で0.3mmほど長くなります。

 

ついでにワキの毛も成長が速く24時間で0.3mmほど伸びます。

 

次に、眉やまつ毛は成長スピードが落ち、24時間で0.18mm長くなります。

 

お話したようにまとめて毛といっても、伸びる速さは差異があります。

 

 

毛周期

次に先ほどご紹介した毛周期とは何か少しだけ掘り下げて言うね。

 

先に生える、抜ける、また伸びるをぐるぐる繰り返しているとお伝えしました。

 

以上のように毛には休止の時・成長の時・退行の時と成長に関する3種類の周期が存在します。

 

休止期の毛はお肌の下の見えないところで次に生えようとする体毛が生えてくる休んでいるときです。

 

成長期で必要な要素を吸収しながらグーンと成長します。

 

退行期になると毛と毛乳頭が結合が弱くなり離れて落ちる流れです。

 

そういうわけなので、成長期の毛を抜毛しても皮膚の奥のわからない箇所にここから今度伸びる毛が待機しています。

 

このような理由でどんなに抜毛しても時期がくると次の毛が成長してきてしまうんですね。

 

ついでに言うと皮膚から目視できるのは全部の1/3くらいでしかなんです。

 

さらに言うと体毛の周期は生えている場所ごとに少しずつ変わります。

 

我々の体で抜群に抜け落ちるまでの周期が最長なのは頭に生えている毛、

 

つまり毛髪で抜けるまでが3〜4年間続いた後抜ける時がくると自然と抜けています。

 

プラスして頭髪の場合では、50本が1日で落ちちゃうって言われてるんだ。

 

もっと言うと体の部分と顔の部分だと顔の方が間がないようです。

 

顔はその多くの部分が2カ月程度でボディ部分に生えている毛が多くの毛の抜けるまでの周期が3カ月から4カ月あると言われています。

 

それだから体と顔、全身の毛をいっぺんにそっても顔にある毛の方が先に生えてきてしまうんですね。

 

 

毛の役割って?

ムダ毛と呼ばれても普段ムダと呼んでいてもしっかりとして目的があるんだ。

 

いくつかの役目について説明します。

 

私たちに生えている体毛は1.皮膚の保護機能2.保温・断熱機能3.感覚機能4.紫外線防止機能と言った4つの役目を担っています。

 

まず、皮膚の保護機能

 

危ないものから防護することをです。

 

具体例を上げると頭は髪の毛、腋毛は脇の摩擦から守ってくれています。

 

次に、保温・断熱機能です。

 

さむーい時は体温が下がりすぎることを防ぎそうじゃなくて強い光が当たるところで暑さをしのぐ役割をするための断熱機能のことを指します。

 

さらに、感覚機能です。

 

わずかに感覚は体毛にもあるんだ。

 

毛がないと触覚が少しではありますが弱まってしまうといわれます。

 

最後に、紫外線防止機能です。

 

体毛には、日光から発せられる紫外線を防いでくれる役目を持っています。

 

のようにムダとは言っていても目的があります。

 

 

ここまでのまとめ

どうですか?

 

毛の構造やそのムダ毛の仕組みについて理解していただけたでしょうか。

 

体毛の仕組みを知ることができれば、光をつかった脱毛がどのようなものでどのくらい通えばいいか考えやすくなります。

 

サロン選びで大きな助けになることと思います。

関連ページ

エステとクリニックの脱毛の違い
エステとクリニックの脱毛の違いについて説明します。脱毛店には大きく分けてエステ脱毛とクリニック脱毛があります。この二つの違いと特徴についてご紹介します。
自宅でムダ毛を脱毛するよりサロンがイイ!
自宅でムダ毛を脱毛するよりサロンがイイ!ムダ毛の自己処理が面倒で、脱毛サロンに通おうかお悩みの方は、こちらでメリット・デメリットを確認してみてはどうでしょうか?脱毛サロンと自己処理を徹底比較しています。脱毛サロンでのコース選びや施術の際に役立ちます。
脱毛サロンの施術が一度で終わらないのはなぜ?
脱毛サロンの施術が一度で終わらないのはなぜ?脱毛サロンの全身脱毛が一度で終わらないのは、毛周期が関係しています。一度で終了するなんて事なんてありません。最低でも2年間は脱毛サロンに通わなければいけないのです。毛周期と脱毛の関係性を詳しく掲載していますので参考にしてください。